メイクというよりもパフォーマンスの領域へ。

マツエクはいまや女性のメイクのパフォーマンス域にまで達しています。マツエクの商材を開発するメーカーを筆頭に、熱い戦いはますます過熱しそうです。

メイクというよりもパフォーマンスの領域へ。

まつ毛が女性にとってのチャームポイントであることは昔も今も変わりはありません。
しかし、ここ数年のあいだでマツエク人気が高まり、女性からの熱い視線が注がれるようになりました。

マツエクに関心が高まり需要が増えれば、家庭用やプロ用を問わずマツエクの商材はどんどんいいものが開発・改良され、市場に出回るようになります。

いまの時代を商機ととらえたマツエクメーカーが、こぞって新しい製品を投入してくるからです。

マツエクの書籍も出版され、多くの種類が書店に並ぶようになりました。

力を入れている出版社では、マツエクだけに的を絞った企画で、しかも初級編・中級編・上級編など、3部作になった本まで出版しています。

いまや女性にとってのマツエクは単なるメイクの1つという領域を超えて、パフォーマンスやコスプレの領域にまで広がっています。

必需品という言葉で片づけるにはあまりにも短絡的で、商材の開発の仕方によっては、いっきに一般向けにまで需要が広がる可能性も秘めています。

需要が増すことでエステサロンではサービスメニューに取り入れる店も増えてきました。

ネイルサロンがマツエクに乗り出すケースも少なくはなく、まさに進出ラッシュという様相を呈してきました。

マツエクは商材メーカーが開発の強みを握っていますが、プロ向け業務用の需要とは別の一般向けとなれば化粧品メーカーの参入も十分に考えられます。

マスカラなど関連商品の一式を扱っている強みと、エンドユーザーとの太いパイプがある強みを生かしてニーズを現場からいち早くボトムアップし、まつげ美容液などの開発も盛んです。

これからしばらくは熱い開発合戦の時代がつづきそうです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
マツエクの商材について Copyright (C) www.scotlandhotel4u.com. All Rights Reserved.